■リースの出来る物件
原則的に、減価償却資産である動産すべてを対象とします。
 
■リース期間
  資産の法定耐用年数の70%(耐用10年以上は60%)以上の単位で、
  ご相談の上決定します。なお、リース期間中は原則として解約できません。
 
  <リース期間設定例>
 
法定耐用年数(年) 10 11 12 13 14
リース期間(年)
 
■リース料のお支払い
第一回リース料は、リース開始時にお支払いいただきます。
  第二回以降のリース料のお支払いは、原則として北日本銀行の預金口座からの自動
  振替でお願いいたします。
 
■保証・アフターサービス
  購入したときと同じように、売り主(メーカー、ディーラー)から直接受けていただきます。
  (ファイナンス・リースの場合、保守料金はリース料に含まれておりません)
 
■再リース
  リース期間終了後は、引き続いて割引料金(年額の1/10程度)にて再リースされるか、
  きたぎんリース・システムに物件をお返しいただくかを、ご自由にお選びください。
  (自動車リースを除く)
■リース物件の保険
  リース物件にはきたぎんリース・システムが動産総合保険を付保します。
  なお、地震、噴火、台風、津波などによる風水災などによって生じた損害は、
  保険金支払いの対象になりません。
(ソフトウエア、自動車リースを除く)
 
■租税公課
  ●固定資産税
    きたぎんリース・システムが納税いたします。
  ●消費税
    消費税額をリース料に付加してきたぎんリース・システムにお支払いいただきます。
  ●その他
   物件によって特別な公租公課が課せられる場合には、きたぎんリース・システムに
   別途お支払いいただきます。